新築住宅購入の際は資金計画が大切です

新築住宅購入の際は家の間取りや部屋数など非常にたくさんのことについて家族と話し合い検討する必要がありますが、その中でも資金計画についてが大切になります
。住宅の費用をローンにする方がほとんどですが、毎月の支払金額は家計の支出の大きなものになります。
三重県鈴鹿市で新築住宅の資金計画を考える時、今現在の家計の経済状況を考えるだけではなく、今後20.30年後の子供の年齢や教育資金はどれくらいかかるかなど多方面から考えることが大切になります。また、意外と忘れがちなのが固定資産税やリフォーム代です。数十年後には家の塗装や屋根の状態が悪くなり、リフォームが必要となる場合もあります。それら急な支払いがあった時にも余裕を持ってローンの返済ができるようにしておかなければなりません。資金計画という言葉を聞くと難しく考えがちですが、一度家族の数十年間の年齢を一覧表に書き、入学・進学などの年表をつくってみるとわかりやすくどのタイミングでお金がかかってくるかみえてくるので、それをもとに資金計画をたててみましょう。

SNSでもご購読できます。