2016年 10月 の投稿一覧

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました

私達は注文住宅を建てる際に、土地探しにとても長い時間をかけました。
マイホームを建てる土地に対する大切な条件が、子供がのびのび育つ事の出来る雰囲気の地域である事と、夫の通勤が便利な場所、両方を満たす事でした。
そのため、条件に合う土地はなかなか見つかりませんでしたが、わりと田舎の路線の駅から徒歩6分ほどの場所に、区画整理が終わっている歩道も公園も整備された土地を見つけた時にはとてもうれしかったです。
マイホームを建てるならここしかない、と感じました。
自宅のまあ割には生産のうちがまだぽつぽつと残っており、緑も豊かです。
駅に近いので、生活に必要なスーパーや郵便局なども揃っています。
会社勤めの夫にも、主婦である私にもとても良い場所が見つかり満足して暮らしています。
いずれ、こどもが大きくなったらここを譲り、私達は実家で親の面倒をみることになるかもしれません。
将来はどうなるか分かりませんが、ここでの暮らしをうんと楽しみたいと思っています。

火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

省令準耐火住宅という言葉はあまり耳なじみがないかもしれませんが、注文住宅を検討している人なら必ず頭に入れておきたい言葉です。火災保険は注文住宅を建築したら絶対に加入する保険ですが、支払う保険料はかなりの金額に上ります。しかしこの省令準耐火住宅と認められた場合は、火災保険料がかなり安くなります。諸経費を抑えるためには、省令準耐火住宅とみなされる構造体にしておくと非常にメリットが高いのです。
ただし省令準耐火住宅とみなされるためには、構造体が一定の条件を満たしておかなければいけなくなりますので、場合によっては工事費が高くなってしまうこともあります。ですから資金計画を立てる際には、準耐火構造にした場合の工事費の増加と火災保険料のバランスをしっかり考慮しておくことが必要になります。メーカーによっては準耐火構造が標準仕様となっているところもありますので、そのようなところを利用するのもひとつの方法です。

注文住宅で土地を選ぶには

注文住宅の土地を選ぶ際には、現在の自分のライフスタイルを理解し購入する土地に対して、転居後のライフスタイルの変化を含め、 面積や通勤時間、地盤、周辺環境など何を希望するかを希望する住宅の形と合わせてしっかりとイメージする必要があります。注文住宅の土地選びは、車購入の様に装備を取捨選択して価格を予算に合わす事が出来ず資金的な制限があり、何か自分の希望が足りない帯に短かし襷に流し状態となるので必ず妥協がついて回ります。その為、どこまでなら妥協出来るのか希望に優先順位をつけ、資金的にどこまでなら融通がきくのかを明確にしておく必要があります。又、注文住宅の土地を選ぶ際には、希望する建築工法も大きな判断材料になるとされ、木造のツーバイフォーや在来工法などは建築資材が比較的軽くコンパクトなので、一般車両の往来が出来る道路に接していれば何の問題ありませんが、重鉄骨による3階建などの住宅は大型の運搬車両や大型の重機が進入する事の出来る道路環境が必要となります。土地選びは、非常に時間のかかる作業であり、相当なエネルギーを必要とする作業なので効率良く進めないと、疲れ果て住宅の建築を延期する事態もあり得ます。

家を建てるハウスメーカー、工務店を選ぶには

注文住宅で家を建てる際に、どのようなハウスメーカーや工務店に選ぶかが課題になります。ハウスメーカーを選ぶケースは、安定した品質を得る安心感を求める場合です。工法を簡略化して誰が建設しても同じ品質となるように工夫されているからです。また使用する材料も自社生産によるものなので、コストを抑えた施工が可能となります。そのために選べる資材や設備が限定されることが課題となります。そこで自由に建材や設備を選びたいのであれば、工務店に頼むことになります。地元で長く活動する工務店であれば、その気候や風土に適した設計を行うので長持ちする家を建てられます。ただし、工務店によって職人の技術が異なるので、その技術によって品質が左右される課題があります。とはいっても工務店は宣伝活動を行うことはありませんし、モデルハウスを用意することもないので口コミなどで判断するしかないのが現状です。その点、ハウスメーカーはモデルハウスで品質を確認することができます。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

新築で住宅ローンを借りる際には、借入額をいかに増やすかを考えることも必要です。そこで生命保険を見直すことで、住宅ローン借入額を増やすことが可能となります。何故生命保険を見直す必要があるかというと、まず保険料を減らすことでローンの返済可能額を増やすことができるからです。そして住宅ローンには団信保険があるので、生命保険は不要となることも理由です。団信保険は、住宅ローン借り入れをする本人が死亡した場合、ローンの残債が保険で支払われるというものです。つまり、これが生命保険の代わりになるというわけです。残った住宅は家族の者などが引き受けることになります。数千万円の生命保険に加入することと同じ効果となるわけです。そしてこれまで生命保険料を支払っていた分を、住宅ローンの返済に回すことができるようになります。このように工夫することによって、理想とする新築の家を無理せずに購入することができるようになるわけです。

マイホームを買うために見直すべきこと

一生に一度の大きな買い物と称されるマイホーム購入。
注文住宅の場合だと、土地の事もありますので、場合によっては何千万ものお金が必要になってきます。
住宅建築の資金計画は非常に重要な案件です。
ある程度話が進めばおおよその購入金額が分かってくるので、そこから計画を練るのが一般的です。

金融機関に相談してローン全体額や月々の返済額等を検討すると同時に、
現段階の生活で無駄を省くべき家計の見直しも、この時期に考えるべき案件です。
よく言われるのが、生命保険に加入されている人は、契約内容を再確認し、
内容を軽くして保険料を安くする、というもの。
三重県でマイホームを手に入れると団信に加入することがほとんどなので、
よく比べて保険屋さんにも相談する必要があるでしょう。

その他、光熱費や日々の出費ももちろん見つめ直す対象となります。
新しい住まいではどのくらいの出費が見込まれるか。
これをシュミレーションしておおよその金額を計算し、節約できるところは
節約した方が住宅ローンの返済に影響が出ないでしょう。

初めての人向け、マイホーム資金計画

マイホームを建てたいと思ったら、自分がマイホームにいくらかけられるかや住宅ローン返済はどれぐらいであれば大丈夫かなど資金計画を立てましょう。
まず、収入や支出、預金残高の数字を確認しマイホームにいくらかけられるかを算出しましょう。頭金はいくら用意できて、住宅ローンを借りた場合はローン返済しながら余裕のある生活をし子供がいた場合は教育費の支払いや老後の蓄えなども考えましょう。
マイホームの購入には建物代や土地代がかかるのと、諸経費がかかる場合があります。自分の支払える金額がわかっていれば、その金額の範囲内で三重県で新築注文住宅の土地を選ぶようにすれば家を購入した後で住宅ローンに追われ家計が苦しくなることもなくなります。
住宅ローンをどこで借りるかによって、総支払額が数十万~数百万と変わってきます。一番有利な住宅ローンを組むために、変動金利がいいのか固定金利がいいのかなど金利の良い銀行で借りるために見積もりをいくつか作ってもらいましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済について

予算を大幅にオーバーして、もちろん実家からの支援なども無く頭金も急いで貯めたので諸費用や新しい家電、カーテン、引っ越し代、そして頭金などで貯金が殆どなくなりました。変動金利なので出来るだけ繰り上げ返済をしていきたい、当初の心構えとしては毎年繰り上げ返済を目標にしていましたが、その目標は、数年経過した現在一回の繰り上げ返済のみしただけになっています。

三重の住宅ローンを組んだ銀行では、繰り上げ返済は1万円から手数料無料でネットバンクから出来るというとても便利な物でした。他行では、100万円以下の繰り上げ返済は手数料がかかる所もあり、我が家の様にそんな大金を繰り上げ返済するのは難しい家庭にはとても助かるシステムです。

当面の貯金が無いのに繰り上げ返済するのは危険と考え当初は貯金に励みましたが、子供に掛かる費用などで思うように貯まらず何とか繰り上げ返済用に貯めた50万円を初繰り上げする事になりましたが、ボタン一つで確定された時は少し寂しい気持ちになりました。

次の月には、早速返済表が変わって送られてきて銀行には、保証料の戻りが返済されました。50万円を繰り上げ返済した効果は、年数にすると1年も減っていませんでしたが、(期間短縮にしました)かなりの利息が浮くという計算になったのでやってよかったと思っています。

住宅ローンを組んで数年たち今も変動金利のままです。

住宅ローンの金利というものは、その時代の運というか本当に波があります。こればかりは、専門家ですら予測できないと言われているので自分で選ぶしかないのですが、我が家が住宅ローンを組んだのは今から5.6年前でしたがそこが住宅ローンの底値と言われていました。

当時、自分が決めていた予算よりも1000万円近いオーバーをした新築の住宅を家族が気に入ってしまい勿論自分も気に入ったのですが、購入する事に至ったのは、やはり低金利が後押ししてくれました。親などに聞くととにかく金利が高くて結局購入した額の倍近い金額を最終的に支払ったと聞くのでその時代の運というものもあるのかなと感じます。

変動金利と固定金利を迷い、色々な本を読むと予算に余裕がない人ほど変動は組んではいけないと言われていましたが、我が家は結局変動を2本に分けて金利の動向を毎月見ていき上がりだしたらすぐに半分は、固定に切り替えられるようにしました。それから、6年位たちましたが金利はずっとそのまま一度上がりかけた時があり焦りましたが、変動は変わることなく現在は物凄い低金利を更に記録しています。

住宅ローンを組んだ家は新築なので近所で同時期に一緒に購入した人が沢山いましたがその方達と話をすると固定金利で組んだ人は、途中で借り換えして変動に切り替えた人もいました。変動だと不安は多々ありますが、なんせ元本がどんどん減っていくのはとても嬉しいです。

いい家の条件「施工品質」

注文住宅で新築を建てる場合、その準備段階から完成に至るまでチェックしなくてはならないのが施工品質です。
施工品質というのはその名の通り施工の品質のこと、住宅を建てるにあたって作業が適切に行われているかどうかを示す用語となっています。
シンプルに分かりやすく言うのであれば、これから木で正六面体の箱を作ることをイメージして下さい。
綺麗な正六面体の木箱を作るには木材のサイズはしっかり図面と合っているかをまずチェックし、間違いないことを確認した後は組み付けを行い、正しい位置に釘を打ち、そして完成となります。
この際に釘の本数が少なかったり、木材が違うところについているとなるとそれは理想的な木箱とは言えません。
これを管理して向上させるのが施工品質なのです。
ではどうして施工品質が重要なのかというと、これは当然マイホームは高額で、長く使う財産だからです。
もし自分が世界有数の大金持ちであり、少し家が壊れたら別の家に住めば良いというのならばどのような家でもかまいません。
しかしほとんどの人にとって住宅というのはそう何軒も買うものではなく、一つ作ればその一つに住み続けることになります。
ですがもし施工品質が良くないところに施工を任せてしまうと、住んでいるうちに雨漏りがしたり、ひびが入ってしまったり、最悪の場合地震で倒壊するなどのこともあり得ます。
だからこそ注文した通りに作られているか、そしてその安全性はどうかといったことをチェックする必要があるのです。
この施工品質に関しては現在さまざまなハウスメーカーが力を入れる部分となっており、大手だと依頼人のために施工中段階に応じて状態を確認してレポートを出してくれるようなところもあります。
そうしたレポートがあれば安心して任せることが出来るでしょう。
もちろんレポートに限らず施工品質を証明してくれる何かがあるのならそれで良いのですが、少なくとも施工品質に対して何の取り組みも見せていないようなところに新築工事を任せるのは避けるようにしてください。