未分類

全館空調 デメリットとは?

全館空調の特徴は全ての部屋を常に同じ室温でキープし続けられる点ですが、裏を返せば各部屋により異なった室温に設定する事はできないという事です。
そのため、家族の中に暑がりな方と寒がりな方が居たとしても、暑がりな方の部屋は室内温度を低めにし、寒がりな方の部屋の室内温度を高くするという事はできません。
また、窓から日光が入る南側は気温が高くなりやすいので、南側の室温を基準にして設定温度を低めに設定すると、日光が入らない北側に面している部屋では著しく室内温度が低くなる様子もデメリットです。
さらに、各部屋にエアコンを1台ずつ備え付けていく事例に比較すると、初期費用とともにメンテナンスに際する費用が高額になりやすいです。
全館空調を導入する場合に要する初期投資額は200万円から300万円が平均額であり、加えて年間保守費用として5万円の追加費用を支払ったり、1年間が経過した段階でフィルターを交換すべく、フィルター代を出費する必要もあります。

全館空調 カビ対策は?

全館空調をするにあたり、たくさんのメリットはありますがせっかく導入するならば問題点を事前に把握しておいた方がよいです。利用し始めてからの問題点の一つが、カビが生えてしまうことです。日本の気候の場合、夏場はとくに湿度が高くなりますので、カビが生えやすくなります。ちなみにカビが生えやすい条件は、湿度が60パーセント以上で気温が25度以上の時です。これはちょうど、六月から九月ぐらいにかけての気候に一致します。そのため、この時期はカビが生えることを前提に対策を打っておかなければなりません。一度カビが生えてしまうと、その空気が部屋の中に流れてしまい、あまり良い環境とは言えなくなるでしょう。運が悪いと、それが原因でぜんそくになってしまうこともありますので対策をしっかり立てる必要があります。
その対策の一つが、定期的にメンテナンスをすることです。六月から九月の時期は毎月一回は掃除をして清潔にしておかなければなりません。

やっぱり中古よりも新築での家づくりは良い!

家づくりを新築一戸建てで行う方が断然楽しいと感じました。私の実家は、私が10代の頃に格安で購入した中古住宅をリフォームした一戸建てです。その際も、私も家づくりに参加したのですが、中古住宅だからということもあり、色々と制限があった印象です。

母にしても、「一戸建てマイホームのキッチンはこうしたい!」という要望があったのですが、間取りやら配線の関係で要望の半分も叶えられなかったということです。

また、中古住宅独自のカビのような匂いが気になっていましたね。それも、生活を始めて数年もすれば慣れてしまったのか、気にならなくなりましたけれど。

その経験があっての新築一戸建て住宅での家づくりでしたから、むちゃくちゃ楽しかったのです。注文住宅で建てたということもあり、制限はないようなものですから。

工務店さんから設備メーカーの指定はありましたけれど、間取りを自由にできる喜びもあり、そんなことは取るに足らないことのように思えました。要するに、やっぱり「新築一戸建ての家づくりはいい!」ということです。

リフォームローンの活用法

長年住み慣れた家のリフォームには様々な理由があることでしょう。
老朽化したところの修復や、子どもが自立した後の実家の外観を夫婦好みのものに変えたりと、内容と費用には多くの人がこだわりを持ちます。
ところが一方で、ローンの組み方を重視する人はあまりいません。
自己資産ですべてを補うことができれば良いのですが、リフォームにかかる費用は通常一括で払えるものではありません。
そのときに利用するのがローンですが、賢い方法を知っていれば得なやり方でリフォーム代金を払うことができます。
大きなお金が動くことに関して、国はできるだけたくさんのサービスを提供し、利用者を増やすことで経済を活性化させようとしています。たとえばお金を持っているシルバー世代のリフォームにおいては、バリアフリー関係の工事や、耐震のための増築などに、減税をかけています。
分割手数料そのものに適用される三重県のローン型減税の仕組みもあり、業者との見積もりでの意見のすり合わせが必要となります。

工務店に依頼するメリットデメリット

最近ではオンリーワンの家、オリジナリティ溢れる家作りを考える人が増え画一化されたハウスメーカーでなく工務店で注文住宅を建てよう、と考える人が増えています。ではそのメリット・デメリットはどうなのでしょうか?まず基本的価格についてはハウスメーカーより安価に仕上がります。基本的管理費用、例えば人件費、広告宣伝費など工務店の方が低いからです。次に自由度が工務店にはあります。ハウスメーカーのような細かな設計基準や標準仕様的なものがなく、建築主の希望に法律の範囲内であれば対応してくれるからです。また地域密着、顧客優先の考えが工務店には強く、小回りが効きいざという時迅速に対応してくれます。逆に顧客数、物件量はハウスメーカーに比べ少ないので最新の設備、技術といった情報量は限られ、その分顧客の側が情報収集が必要となります。また倒産リスクもハウスメーカー等の大手に比べると高くなります。このように短所、長所それぞれありますが充分把握して注文することが大切です。

評価されている住宅会社選定のために

これから三重の評判の住宅会社を探すには、新築住宅の販売実績が豊富で、スキルとノウハウを十分兼ね備えているかどうかの見極めをしていく必要性があります。これまでに新築住宅を建てたユーザーの体験談やレビュー記事を掲載しているインターネットサイトや情報誌に目を通して、どのような評価を受けているか個別具体的に把握しておくことが肝心であると言えます。三重の評判の住宅会社についてランキング形式で発表している情報媒体もあるので、そうした有益な情報を多角的に収集して見極めていくことが重要なポイントとなります。その際には、自身の新築住宅購入のニーズとの適合性も含めて、家族との長期的な暮らしをイメージしながら進めていくことも大切です。機能性が高く、安心して暮らしていけるクオリティーの高さをしっかりと証明している会社が支持される傾向にあるので、実際に各社の担当者との面談等を行って自ら印象を見定める姿勢も大事であると言え根のです。

家づくり体験談の活用メリット

これから新築住宅購入をする場合には、家づくり体験談を活用することが大切なポイントとなってきます。長期または中期的なスパンでより大きな安心感・満足感の得られる家づくりをしていくためにも、実際に新築住宅を建てた経験を持つ人々の意見を参考にすることが必要なのです。各種インターネットの専門サイトや情報雑誌、地域のフリーペーパー等に掲載してある体験談・レビュー記事等を幅広く読んでおくことが肝心です。また、三重県の住宅メーカーの人気ランキングが載っている場合には、しっかりその順位を確認しておく必要性があります。上位にランクインして、地域内で高い信頼を得ている住宅メーカーを幾つか抽出して、各担当者と面談することが有効です。実際に会って話してみることで、対応力を見極めることが出来ます。また、提供しているサービスやアフターフォローに関する情報も得られます。信頼感を持って家づくりを依頼するためにも、こうした取り組みが重視されます。

火災保険の補償を取捨選択し安くする

火災保険というのは、何も火災だけのリスクではなく盗難や水災と幅広く補償する住宅の総合保険です。最近はよく地震や水災のニュースが多く不安は増すばかりで、もしもと考えると多くの補償を付けたくなります。しかしそのすべての補償があなたの住宅に必要かと言われれば、そうでないケースも出てくるのです。以前は損害保険会社の火災保険プランは一つしかなく、補償は選択できませんでしたが現在は利用者のニーズに合わせた補償を選択できるようになっています。火災保険では火災リスクと自然災害リスク、日常生活リスクに分かれています。火災リスクには火災・爆発・破裂・落雷がありこれは基本保障と言い外すことはできません。自然災害リスクには風災・ひょう災・雪災・水災があり、中でも水災は選べるようになっているのがほとんどです。日常生活リスクでは水濡れ・物体の落下・飛来による破損や衝突、盗難・偶然の事故による破損がありすべて選択可能な補償に分類されていることがほとんどです。高層マンションなら水災を外す、セキュリティが万全なら盗難を外すといったほとんどリスクがないならばそれを外して火災保険料を安くするというのも。賢い選択です。

住宅を新築で建てる時の間取りについて

新しい家に住む場合、新築の注文住宅を建てるのか、新築の建売住宅を購入するのか、まず二通りに分かれます。注文住宅の場合、間取り等も含めて建築事務所や不動産会社と入念な打ち合わせが必要となり、購入者側の要望がたくさんあると、それだけ打ち合わせは長期間に及ぶ可能性があり、実際に新築の家が建つまでは相当の時間が費やされる事になります。ただし、家の間取りは重要な要素となるため、注文で建てる場合は細部にわたって検討する事が出来ます。新築の建売住宅を購入する場合は、実際に出来上がった家を現地で見学したり、同じような構造の近くの家を見学したりも出来るので、どの様な家に住む事になるのか、前もってイメージがし易くなります。家の中まで見学する事が出来たなら、間取りも全部見る事が出来るため、他の物件との比較も容易になります。家の外観や住環境はあっちの家の方が良いのに、間取りはこっちの家の方が良い、ということも考えられますので、家を購入する際はいろいろな事をトータルで考える必要があります。

住宅の新築に伴う贈与税と住宅とは

住宅を新築する際に親や祖父母などの親族から援助を受ける場合があります。財産を受け取ることは贈与と呼ばれ一定額以上の贈与を受けた場合には贈与税を支払うことになっています。
一般的な贈与税は1月1日からその年の12月31日の間に110万円を越える贈与を受けた場合にはこれを申告する必要があります。その算定の仕方は贈与の額から110万円を引いたものに税率15%を掛けたものになります。つまり110万円以下の場合にはこれがかからないということです。
65歳以上の親から贈与を受ける場合には将来の相続時に精算することを前提に生前贈与を行うことが出来ます。この場合は贈与時に2500万円まで非課税となり支払いは先送りでき、それを越える場合には20%の税率がかかります。
2014年の年末までに直系尊属から贈与を受け2015年3月15日までに新築住居に住み始めた場合は省エネや耐震住宅で1000万円、一般住宅で500万円まで贈与税がかからないことになっています。