2016年 10月 の投稿一覧

評価されている住宅会社選定のために

これから三重の評判の住宅会社を探すには、新築住宅の販売実績が豊富で、スキルとノウハウを十分兼ね備えているかどうかの見極めをしていく必要性があります。これまでに新築住宅を建てたユーザーの体験談やレビュー記事を掲載しているインターネットサイトや情報誌に目を通して、どのような評価を受けているか個別具体的に把握しておくことが肝心であると言えます。三重の評判の住宅会社についてランキング形式で発表している情報媒体もあるので、そうした有益な情報を多角的に収集して見極めていくことが重要なポイントとなります。その際には、自身の新築住宅購入のニーズとの適合性も含めて、家族との長期的な暮らしをイメージしながら進めていくことも大切です。機能性が高く、安心して暮らしていけるクオリティーの高さをしっかりと証明している会社が支持される傾向にあるので、実際に各社の担当者との面談等を行って自ら印象を見定める姿勢も大事であると言え根のです。

家づくり体験談の活用メリット

これから新築住宅購入をする場合には、家づくり体験談を活用することが大切なポイントとなってきます。長期または中期的なスパンでより大きな安心感・満足感の得られる家づくりをしていくためにも、実際に新築住宅を建てた経験を持つ人々の意見を参考にすることが必要なのです。各種インターネットの専門サイトや情報雑誌、地域のフリーペーパー等に掲載してある体験談・レビュー記事等を幅広く読んでおくことが肝心です。また、三重県の住宅メーカーの人気ランキングが載っている場合には、しっかりその順位を確認しておく必要性があります。上位にランクインして、地域内で高い信頼を得ている住宅メーカーを幾つか抽出して、各担当者と面談することが有効です。実際に会って話してみることで、対応力を見極めることが出来ます。また、提供しているサービスやアフターフォローに関する情報も得られます。信頼感を持って家づくりを依頼するためにも、こうした取り組みが重視されます。

火災保険の補償を取捨選択し安くする

火災保険というのは、何も火災だけのリスクではなく盗難や水災と幅広く補償する住宅の総合保険です。最近はよく地震や水災のニュースが多く不安は増すばかりで、もしもと考えると多くの補償を付けたくなります。しかしそのすべての補償があなたの住宅に必要かと言われれば、そうでないケースも出てくるのです。以前は損害保険会社の火災保険プランは一つしかなく、補償は選択できませんでしたが現在は利用者のニーズに合わせた補償を選択できるようになっています。火災保険では火災リスクと自然災害リスク、日常生活リスクに分かれています。火災リスクには火災・爆発・破裂・落雷がありこれは基本保障と言い外すことはできません。自然災害リスクには風災・ひょう災・雪災・水災があり、中でも水災は選べるようになっているのがほとんどです。日常生活リスクでは水濡れ・物体の落下・飛来による破損や衝突、盗難・偶然の事故による破損がありすべて選択可能な補償に分類されていることがほとんどです。高層マンションなら水災を外す、セキュリティが万全なら盗難を外すといったほとんどリスクがないならばそれを外して火災保険料を安くするというのも。賢い選択です。

住宅を新築で建てる時の間取りについて

新しい家に住む場合、新築の注文住宅を建てるのか、新築の建売住宅を購入するのか、まず二通りに分かれます。注文住宅の場合、間取り等も含めて建築事務所や不動産会社と入念な打ち合わせが必要となり、購入者側の要望がたくさんあると、それだけ打ち合わせは長期間に及ぶ可能性があり、実際に新築の家が建つまでは相当の時間が費やされる事になります。ただし、家の間取りは重要な要素となるため、注文で建てる場合は細部にわたって検討する事が出来ます。新築の建売住宅を購入する場合は、実際に出来上がった家を現地で見学したり、同じような構造の近くの家を見学したりも出来るので、どの様な家に住む事になるのか、前もってイメージがし易くなります。家の中まで見学する事が出来たなら、間取りも全部見る事が出来るため、他の物件との比較も容易になります。家の外観や住環境はあっちの家の方が良いのに、間取りはこっちの家の方が良い、ということも考えられますので、家を購入する際はいろいろな事をトータルで考える必要があります。

住宅の新築に伴う贈与税と住宅とは

住宅を新築する際に親や祖父母などの親族から援助を受ける場合があります。財産を受け取ることは贈与と呼ばれ一定額以上の贈与を受けた場合には贈与税を支払うことになっています。
一般的な贈与税は1月1日からその年の12月31日の間に110万円を越える贈与を受けた場合にはこれを申告する必要があります。その算定の仕方は贈与の額から110万円を引いたものに税率15%を掛けたものになります。つまり110万円以下の場合にはこれがかからないということです。
65歳以上の親から贈与を受ける場合には将来の相続時に精算することを前提に生前贈与を行うことが出来ます。この場合は贈与時に2500万円まで非課税となり支払いは先送りでき、それを越える場合には20%の税率がかかります。
2014年の年末までに直系尊属から贈与を受け2015年3月15日までに新築住居に住み始めた場合は省エネや耐震住宅で1000万円、一般住宅で500万円まで贈与税がかからないことになっています。

新築物件にはない魅力を享受しよう

新築物件と中古物件のどちらを選択すべきか迷われている方は、中古物件を選択するといいでしょう。一から住宅設計をしたいと希望されているのでなければ、新築物件にはあまりメリットはありません。それに対し中古物件を購入しリノベーションを施工することで、経済的に自分好みの住宅を購入することが可能です。新築物件の購入費用の中には、多額の営業費やモデルルーム費用、広告費が含まれています。また、建物は減価償却の対象であるため、わずか10年間で価値が大幅に減少してしまいます。その他、建売住宅であれば、間取りや収納スペースを自由に設定できません。多額の購入費用を支払うにも関わらず、住む人が家に合わせた生活を強いられるのが新築物件のデメリットです。それに対し、中古物件を購入しリノベーションをすることは、これらのデメリットが一切ありません。営業費やモデルルーム代は含まれないほか、減価償却済みの価値で購入できます。また、間取りや収納スペース、使用建材を自由に選択でき、住む人に家を合わせることが可能です。自分好みの住宅を経済的に購入できると、中古物件+リノベーションを選択される方が急増しています。

家具の置き場を意識した家作り

新築住宅の間取りを考える際には、家の中に置く家具の配置を検討する必要性があります。キッチンやダイニングを始め、使い勝手の良い配置にすることによって、快適な日常生活を送れるようになります。設計前の段階でオーダーできるようであれば、住宅メーカーの担当者に具体的な希望を伝えておくとスムーズに進みます。ある程度計画が進められ、間取りが分かったら家具の購入計画を始めることになります。大型のものに関しては、優先して設置位置を決めることがポイントです。大型の収納家具は移動が容易ではなく、一度設置したら基本的に長いスパンで動かす機会がありません。そのため、家族で相談した上で納得した場所に設置することが求められるのです。デザイン性に優れた、オリジナリティーの強い新築住宅である場合は、そのデサイン・色調に合わせたインテリアとして家具を選択することも大事です。デザインの調和は、室内の雰囲気を大きく左右するのです。

新築の住宅に関わる大工の存在

既にこの国では様々なデザインの住宅が完成しています。それらはユーザーの希望に沿って大工が作り上げています。この仕事は様々な役割を持っているため、ユーザーとの相談が特に重要になっています。そして実際の意見を聞いて住宅を作る段階に入ります。新築は人気が高いので流行も関係しています。近年では機能的で設備が優れている新築が支持されています。そういった住宅には高度な技術を使う必要もあります。つまり現代の大工は高度な技術を使って、数多くのユーザーたちの希望を叶えているのです。一般的に理想の住まいには高い安全性が必要です。今は災害の危険性もあるので耐久性も重要になっています。家作りをしている大工たちは、実際にそういった部分に注目して作業を進めています。そして家作りのプロたちはユーザーの満足度も意識しています。なぜならユーザーの満足度が高いと再び仕事を依頼されるからです。このように大工は住宅と深く繋がっています。理想の新築を探すならプロの技術や実績を頼るべきです。

可動性があり、建てた後で相談が出来そうです。

最近は新築の住宅を、さまざまな部分で自分らしさを加えながら業社側任せではなく、共同で家造りを手がける人が増えています。外観や部屋の間取りなどのデザインの部分だけでなく、長く住み続ける家としての機能面や設備面も重要視される傾向があり、大切な新築の住宅には取り入れたくなります。そのためには、できるだけ多くのモデルハウスなどを見学して最新の家造りのノウハウや、さまざまなメーカーの独自のアイディアを駆使したものは参考にして欲しいです。業者側と共同しながら自分に合った住宅を造っていくためには、業者側とのコミュニケーションがとても大切です。業社も全国的に展開しています一流メーカーと、地域に密着している地元の工務店があり、どちらも長所と短所があります。こだわりのある家を建てるには日々のコミュニケーションがとても重要視されますので、一人で多くの物件を掛け持つ大手メーカーよりも可動性がある地元の工務店を利用する方が良いと思われます。三重の工務店で建てる家といっても地元の大手の工務店ですと、殆どが自社社員で設計から施工までを一貫して行ないますし、建てたあとのアフターケアや相談も出来やすいです。

他にない自分だけの家を建てたいです。

最近は自分らしさを、様々な部分で求める人が増えています。家も同様で、新築の住宅を建てる時には周辺にある普通の家ではなく、デザイン性を重視したオリジナリティのある家にしたくなります。様々なモデルハウスなどを見に行きますと、耐震技術から耐熱性やバリアフリーですとか、太陽光発電などの最新の技術を取り入れた住みやすく安心できる家造りが提案されています。もちろん家としての基本的な機能などはとても大切ですが、やはり外観を含めて雰囲気も度外視するわけにはいかないです。人気の和風モダンや現代和風の家ですとか、南欧スタイルや北米スタイルなどの様々な家の雰囲気があり、吹き抜けを作ったり窓を大きくしたいなどのこだわりも大切です。そんな家は、有力工務店やハウスメーカーとの取り組みよりも、むしろ建築家と建てる家になります。外観から内装や空間の使い方などを、一貫したデザインコンセプトで進めていくことが大切です。建築家と建てる家は、一般的な新築住宅と比べますと少し割高になりがちですから、常に費用的な部分も建築家と共有しながら、進める事が大切です。